フラット35エコって何?

フラット35のエコ基準について調べて見ました。
住宅を建設するには、国が定めた建築基準法にクリアしなければいけません。
さらに耐震、耐久、省エネ、バリアフリーの項目で上級の基準にクリアするとフラット35が利用出来ます。
中でもフラット35sでは、高い基準が設定されていて、プランAの審査に通るためには、トップランナー基準、認定低炭素住宅、一時エネルギー消費量等級5、長期優良住宅、耐震等級3、高齢者等配慮対策等級4以上のいずれか一つを満たすことが条件となっています。
エコについては、効率化、負荷の削減、エネルギーの創出によって省エネを実現するよう基準値が等級で定められています。
平成27年4月からは、省エネルギー対策等級4の使用はできなくなっています。
フラット35Sの審査は厳しい?甘い?金利引き下げ!【技術基準落ちる?】